会計士の個人ブログ

転職なんて意外と何とかなる

ホームセンター勤務年収250万円から年収1,250万円になった人のネットラジオ

「転職 なんとかなる」で検索して、このサイトに来られる方がいらっしゃるようですので、こんな記事の内容では申し訳ないと思い、転職を考えられている方に役に立つコンテンツを紹介しておこうと思います。

リンク先

「motoのリーマンラジオ」
https://voicy.jp/channel/762/30518

年齢が30代、5社目の転職で会社員として年収1,250万円、副業で2,000万円を稼いでいらっしゃる会社員の方です。「2,000万円の方が本業なのではないのか?」という疑問はさておき、この方のネットラジオの内容は有益ですので、聞いておいた方がいいです。

経歴が特徴的で新卒での就職先は地方のホームセンターで年収は250万円程度だったとラジオで語っておられます。
その会社で人事に携わり、人事に関するブログを立ち上げたところヒットし、人材広告業の会社にそのブログを売却。さらに、その人材広告業の会社に転職し、その後リクルートに転職、現在はスタートアップのベンチャー企業で営業をされているようです。

この方の転職に対する考え方は、これから転職を考えている方には一つの指針になると思います。

 

私の周りの事例

先日、前の職場で一緒に働いていた55歳の人からFacebookの友達申請が来た。話を聞いてみると半年前に会社を辞めちゃったらしい。理由は新しく来た中途採用の上司と反りが合わなかったかららしい。こういう理由での退職、自分としては十分にアリだと思う。イヤなら辞めちゃえばいい。我慢し続けたって良いことないよ。

自分も監査法人にいた時は少々病んでました。「もっと仕事にがっつけ」とか「先輩の仕事も取るぐらいじゃないとダメ」とか、ガツガツ仕事をしないヤツはクズぐらいの雰囲気があったので正直しんどかったです。パワハラまがいの上司や先輩に囲まれ、毎日ビクビクしながら仕事をしていたもんです。

「じゃあ辞めればいいじゃん」と言われそうですが当時の自分は辞めたいなと思いつつも、そんな勇気はなかったです。同期はどんどん辞めていったけど、その頃の自分は将来やりたいこともなく、外の世界に向かっていく気力もなかったのです。最終的には辞めましたけど今から振り返ると「もっと早く辞めればよかったなぁ」と思います。

我慢し続けて体も心も壊れたら全く意味がないし、せっかくの人生楽しく過ごさないともったいないと思う。

辞めても何とかなります。件の55歳の人も少々苦労はしたものの今は新しい職場では働いています。これからの日本は就労人口が激減していくので仕事が全く見つからないなんてことはないです。せっかくの人生、自分に正直に生きていきましょう。

-会計士の個人ブログ
-

Copyright© 公認会計士 阪田剛史のサイト , 2021 All Rights Reserved.