会計士の個人ブログ

セブンイレブンの罰金

セブンイレブンが風邪で欠勤したアルバイトの給与から罰金と称して一定の金額を差し引いて支給したことが問題になっているけど、こういう事は他の業界にもあることだよね。

自分の父親は昔、民間のバス会社で運転手をしていたのだが接触事故等を起こしてバスを傷つけてしまった場合、そのバスの修理代を即支払うか次の賞与を全額カットするかを選ばされる制度があったらしい。賞与の全額カットなんて下手すれば修理代の金額よりも多額になるかもしれないから、父親も接触事故を起こしたときは大変だったし、自分もその時は親父に金を貸したことを覚えている。被用者なんて弱い立場だから何も言えないわけである。

会計事務所にも似たような話があるから要注意である。自分が人づてに聞いたのは処理をミスって顧客の納税額が正しく処理した時よりも多くなった場合、その増加分をミスをした担当者が負担させられるというものである。

どの業界にもこんな話はゴロゴロあるわけで結局自分の身は自分で守らないといけないし、そのための知識を習得するための勉強も必要だね。

-会計士の個人ブログ
-

Copyright© 公認会計士 阪田剛史のサイト , 2021 All Rights Reserved.