会計士の個人ブログ

移動の時間って無駄だと思う

毎日、同じ職場に通勤している自分が言うのなんだが通勤を含む移動の時間って無駄だなぁと思う。これだけインターネットが発達している現在、別に毎日同じ職場に行かなくてもいいはずである。

出張もまた然りでわざわざ遠距離にある支店等に行かなくてもテレビ会議で済むことが多い。監査法人でも東京事務所と大阪事務所や他の地方事務所でテレビ会議をすることはよくあった。

ビジネスマンの出張時の移動手段としては新幹線か飛行機のどちらかということが多く、JRと航空会社は互いに競争相手だろうけど、今やこの両者の敵はテレビ会議システムだね。

テレビ会議なんて比較的簡単にできる。3~5人ぐらいの人数でテレビ会議をしたければ、50インチほどのテレビを壁にかけてWebカメラをそのテレビの上部の真ん中に設置し、テレビ会議用の机の上に置くマイクを買って後はSkypeをPCにインストールするだけである。
初期投資がある程度かかってしまうけど出張の頻度は下がるから、結果的に安くなるはずである。

以前に勤めていた会社では海外子会社とよくテレビ会議をしていた。日本側3名、海外側3名ぐらいの小さな会議であるが日本側の3名が海外に行くことを考えると、2回会議をするだけで初期投資額をペイすることができる計算である。

会社と従業員の雇用形態も毎日職場まで通勤するのではなく在宅勤務になればいいのにと思う。待機児童がいるお母さんとか家で子どもを見ながら仕事ができるし、健康上の都合で外出がままならない人も家でなら仕事をすることができる。会議と違って1:1のテレビ会議ならスマホだけでもできる。
就労人口が減っていく日本で優秀な人材を確保しようと思ったら、このような働き方の多様化も必要だと思うね。

-会計士の個人ブログ
-

Copyright© 公認会計士 阪田剛史のサイト , 2021 All Rights Reserved.