公認会計士のブログ

判断に迷ったとき

監査法人にいた時、ある先輩から「仕事などでどうすべきか迷ったときは、しんどい方を選べ」と言われたことがあった。自分を厳しく律する先輩らしい言葉だなぁと当時思ったものである。そして、今の自分の意思決定にも影響を与えている言葉である。

最近、もう一つ思うのは複数の選択肢がある時は将来の選択肢が増える選択をするのがいいんじゃないかということである。選択肢が現状の一つしかない場合、精神的に追い詰められる可能性が高くなる。たとえば、自分は今の仕事しか選択肢がないという人より、別に他にも仕事先はあるという人の方が追い詰められることはないと思う。

ただ選択肢が多い方は努力や労力を要することが多い。結局、将来に備えて何らかの準備や行動が必要ということである。前述の「しんどい方を選べ」という先輩の言葉も将来の選択肢を広げるという意味ではとても大切なことだと思う。

-公認会計士のブログ
-

Copyright© 公認会計士 阪田剛史のサイト , 2021 All Rights Reserved.